Menu

0 合計 ¥ 0

合計 ¥ 0

現在カート内に
商品はございません。

<ご利用ガイド>お手入れ方法について

お手入れ方法について

アクセサリーのお手入れについて

汗・化粧品・埃などはアクセサリーの変色やくすみの原因になりますので、着用後は必ず柔らかい布などで汚れを拭き取り保管してください。
定期的に洗剤をぬるま湯で薄めたもので洗浄していただくと長期間美しい状態で愛用して頂けます。
洗浄する際は洗剤を薄めたぬるま湯につけおきをし、汚れが浮いてきたら歯ブラシなどで優しくこすると汚れを取り除くことが出来ます。
汚れを取り除いた後は十分に自然乾燥させてから保管するようにしてください。ドライヤーなどのご使用はお控え下さい。
(研磨剤の使用や強くこするなどは控えて下さい。また超音波洗浄機の使用は石によっては不可のものもありますのでご注意下さい。)

貴金属のお手入れ方法

①拭く
着用したアクセサリーは汗や汚れ、ホコリ等がつきそのままにするとくすみの原因になります。
着用後は貴金属用の柔らかい布やセーム革を使用して、優しく拭き取るようにしてください。
②洗う
貴金属用のクリーナーや中性洗剤を薄めたものを使用し汚れを取り、水で付着している洗剤や汚れを洗い流してください。
その後、水気を拭き取り十分に乾燥させてください。
※接着剤を使用しているアクセサリーや樹脂加工されているものは、洗うことにより石が取れたり風合いが変わってしまうことがありますので洗浄はお控えください。
※水洗いによって割れてしまったりするものもありますので石によってお手入れ方法を変えるようにしてください。
※天然石を使用している製品のクリーナーなどのご使用は変色やシミにの原因になりますのでご注意ください。
(水洗いが適さないもののお手入れは)
洗わずにやわらかい布で優しく拭いていただき、定期的に専門店でメンテナンスしていただくことをお勧めします。
③保管
直射日光などは変色や風合いの変化などの原因になります。
直射日光や蛍光灯、埃を避け湿度の低いところで保管してください。
またアクセサリーはひっかき傷などに弱くアクセサリー類と触れ合うことが傷の原因にもなりますので
他のアクセサリー類と触れ合わないよう個別で保管するようにしてください。

宝石のお手入れ方法

①拭く
拭くというお手入れ方法はどんな石にも使用できる唯一の方法です。
着用後は乾いた柔らかい布や、セーム革で必ず拭くようにして下さい。
石によっては水に弱いものなどがございます。(真珠・オパール・ターコイズ・サンゴ・コハク・べっ甲 など)
水洗いをする際は必ずよくお調べになってから洗うようにしてください。
②保管
直射日光などは変色や乾燥からくるカケなどの原因になります。
貴金属と同じようにアクセサリー同士触れ合わないよう個別に保管するようにしてください。